やすらぎの里

グループホーム天神橋やすらぎの里では

家庭での生活が困難になった認知症のお年寄りが家庭的な環境の中で、
介護スタッフや他の認知症のお年寄りと一緒に少人数での共同生活を送ります。
お年寄りお一人おひとりのペースに合わせ、日常生活を共にすることにより、
認知症の進行を穏やかにし、精神的に安定した生活を送っていただくことができます。

居住環境

グループホーム天神橋やすらぎの里は4階建で、入居者のお部屋は全室個室であります。
これまでのお使いの家具や生活用具を持ち込んでいただき、
できるだけ今まで暮らしていた生活環境に近い環境になるよう心がけて参ります。

暮らし

ADL(日常生活動作)の向上を目指し、その人らしく豊かな生活を支えて参ります。
掃除・洗濯・炊事等の生活に密着した動作を中心に、
スタッフが見守りを行うことにより残存機能に働きかけます。
ご自身でできる範囲を行っていただき、不足する部分をスタッフがサポートいたしますが、
できそうな部分に働きかけできるようになる喜びを一緒に味わいたいと考えております。
その先にQOL(生活の質)の向上があり、理念である『私らしく豊かな生活を』目指していきます。
また地域行事への参加・外出など、社会参加の機会を多く持てるよう努めて参ります。